Windows機が氾濫している時にあえて選ぶアップルのMac

低価格化したパソコンの中で一定評価を保つMac

iPhoneとiPadで一大センセーショナルを巻き起こしたアップルですがその精神は同社のMacから始まっています。Windows用のパソコンが世にあふれる中Macは一定の評価を保っており内部構成にインテルが入った後も変わりません。そんなMacもインテルのハードウェアが入った際にブートキャンプと呼ばれるソフトウェアの登場でMacでWindowsが利用可能となりました。従来ではMacとWindowsを所有したければ両方のハードウェアを購入する必要がありましたが、現在のMacではブートキャンプのお陰でよりMac内で両立化できるようになっています。Windows機オンリーの方もこれを機にMacに触れる機会ともいえます。

インテルのハードウェアを使いながらも大胆なデザイン

ではMacの外観から触れていきましょう、注目すべきはMacはパソコンでありながらWindows機の様な機械臭がありません。ノート型はどんなパソコンよりも薄く、デスクトップのiMacはディスプレイのみにしか見えない外観はWindows機に慣れた人間ならば「これが本当に同じハードウェアでできているのか」疑いたくなる程でしょう。ファイルやネットワークでのやりとりも問題無く、Windows機との連携もとれています。更に同社のiPhoneを使っているユーザーはMacとの様々な連携が可能となっており、これはWindows機ではできない機能の為ウリの一つといえます。

価格は両方使えると考えればお得か

さてMacのへ興味が沸いてきたところで肝心の価格はどうでしょうか。Windows機が年々性能が上がり他との切磋琢磨で価格が安くなる中、同じインテルハードウェアを使いながらもMacは同一機が存在しない強みで価格は少し割高です。Windowsも使えるので2つのOSが使えると割り切ればお得といえますね。性能の要求するゲームへの対応は画面サイズの大きいiMacのみの点からもゲームを重視していない事が伺えます。逆にオフィスアプリケーションで仕事をする人にはこのデザインと性能はうってつけなのではないでしょうか。Macにもオフィスが用意されている為ファイル間の互換も保たれ、普段と何ら変わる事無く作業ができます。更に会社のオフィスにもご自宅でも溶け込むデザインの為、部屋のデザインやレイアウトに気を遣う人間でも違和感なく使う事ができます。Windows機とは違った魅力のあるMacはあなたの生活に新風を吹き込んでくれるでしょう。

パソコンは今は家庭や仕事でかかせない存在になってきています。仕事をするにもなんでも使いますのである程度の知識がないと不便です。